繁華街での調査について

  • 2021.03.23

皆様今日は。 赤井探偵事務所 福岡です。 緊急事態宣言が21日でひとまず解除となりましたが、いかがお過ごしでしょうか? 去年・今年はお家時間の過ごし方の選択肢が劇的に増えましたが、素直にいえば早く、問題なく外出できる日が待ち遠しいですね。 当探偵事務所がある福岡 中州では、まだ屋台の姿がなく、少々寂しいと感じてしまいます。 私ども探偵にとって繁華街での調査は非常によくあるシチュエーションなのですが […]

福岡に関して

  • 2021.03.15

赤井探偵事務所 福岡です。 今回は当探偵事務所のある福岡・博多に関して述べていこうと思います。 我々探偵は全国津々浦々に調査に行きますが、調査にあたって我々が気にしなければならないのは、各種交通機関の有無、その時間帯、そして車の往来の量です。 これらの情報は、調査にあたって対象の移動手段の選択や、調査員のカモフラージュにとても重要となります。 さて、福岡・博多では、一般的な公共交通機関が発達してお […]

当探偵社の新規調査機材に関して

  • 2021.03.03

探偵の用いる機材に関して、質問を受けることがあります。 皆様、ご興味のある事柄なんですね。 もちろん、調査に関わる内容に関しては詳しくお応えすることができないのですが、当探偵事務所では随時最新技術を確認し、利用可能なものは随時使用しています。 今回はそのような機材の内、調査員同士の連絡用機材に関するお話しです。 調査において、状況の確認・情報の共有は急務であり、必須です。 一瞬の情報共有のミスや遅 […]

車両を用いた調査に関して

  • 2021.02.24

 今日は、緊急事態宣言の継続・終了が論じられる昨今いかがお過ごしでしょうか? 我々探偵といたしましては、やはり不貞をされる方はどのような状況であってもされるのだな、というのが感想です。 我々といたしましても、感染予防のため、マスク着用の厳守、小型ボトルでの消毒液の携行と、車両・機材の使用毎の消毒など対応に追われております。 さて、今回は私どもの行う車両を用いた調査に関して述べていこうと思います。 […]

転勤で浮気が増える?

  • 2020.12.12

転勤があり得る職場で働く夫を持つ妻としては、夫の転勤についていくかどうか選択を迫られる時があります。 「転勤したら浮気しそう…」と不安になる方もいるでしょう。 単身赴任になると浮気しやすいといわれているため、浮気が心配な方は特に悩んでしまうところではないでしょうか。 この記事では、転勤すると浮気しやすくなる理由や転勤後の浮気を防止するためにできること、そして、万が一浮気され、転勤中に離婚することに […]

探偵に相談するなら

  • 2020.12.10

伴侶の不倫・不貞行為は精神・肉体を蝕みます。 そんな時には、できることを考えるより、初めに相談できる相手を探しましょう。 心に負担を抱えた状態では決して冷静な判断は下せません。 信頼できる者に、状況とできることしなければならないことを相談しましょう。 その際に有力になるのが探偵です。 探偵はこういった状況に慣れており、なおかつ守秘義務もあり、あなたの秘密を必ず守ってくれます。 次に探偵の探し方とし […]

日本の夫婦の離婚率(全国版)

  • 2020.12.02

年間どのくらいの夫婦が離婚しているかご存知でしょうか? 現代の日本の離婚率は約35%前後であり、平成27年度の厚生労働省の調査によると離婚件数は22万件にものぼります。婚姻件数は63万件あるそうですが、せっかく結婚した夫婦が1年間に離婚する数も多いのが事実です。 離婚は決して人ごとではありません。この機会に良い夫婦関係を送るために、自分自身の人生の大切な岐路を考えなおすために、必要なことを考えてみ […]

郊外における調査の鉄則

  • 2020.11.10

普段都心であったり、人の往来・出入りが激しい場合、部外者の存在が意識されることはほとんどありません。一方で郊外における調査では、地元のネットワークが形成されていることが多く、このことに対応することが求められます。私どもの一例を挙げますと、郊外の調査において下見調査の段階で郊外の住人の方に声をかけられたことがありました。下見の段階から、そういった事態も考慮していたため、旅行者のステレオタイプにみられ […]

調査における3か条

  • 2020.11.07

私共は常日頃から、当然としていることに関して、当然だからこそ決しておろそかにせぬよう以下のことを調査に際しては必ず再確認するようにしています。 1、対応調査にあたっては綿密な調査準備をし、現地の確認と対応調査員に情報を共有する2、調査にあたっては、常に担当調査員間で情報共有を欠かさず、意見交換を欠かさないこと3、調査にあたっては常に不測の事態への対応が求められるため、その都度対応に必要になりうる方 […]

誰が不倫をする?子供の存在が不倫を抑制する?

どのような人が不倫をしやすい。こういう属性の人は不倫をする。という探偵ブログは多いですね。今回は日本家族社会学会の機関誌「家族社会学研究」に投稿された論文と内閣府の世論調査、そして先日発表された積水ハウス株式会社 「イクメン白書 2020」 の3つをフュージョンさせて不倫はどんな人がしていくのかを考えていきましょう。 今回参照にする立教大学で社会情報教育研究センターにて助教をされている五十嵐彰氏が […]